フットサル合コンの風景を眺めながら


※こちらの記事は以前のブログより移転した記事になります

本気のチョコ<豪華なお返し

t02200165_0800060012845451902

皆様は職場の同僚や上司にチョコなどあげていますか?

弊社はそんな義理チョコ禁止です。

理由はただ一つ、「本気のチョコだけ欲しい」からです!

しかしその想い以上の、女性陣の「豪華なお返しが欲しい」という想いの圧倒的勝利により、今年も義理を通り越した策略の賜物を頂きました。

まー貰って嬉しくないバレンタインチョコはないですが…

ということで、先日行いました「フットサル合コン~出会って笑って蹴ってバレンタインに間に合って」を終えての感想を書きたいと思います。

今回も別で寄稿する予定がありますので、個人的な感想を中心にご紹介しようと思います。

宿題

今回参加者募集中に、別のサルコンに参加されたことのある男性から頂いたご質問をやり取りしている中で、面白いお話を伺いました。
(この件に関しての内容・私の考えも別で書く予定です)

そういう方法・見せ方をしている業者さんもいるんだと知りましたが、私としてはそういったことに意味を感じません。

なのでフットビジョンは嘘偽りなく、真っ正面から書かせて頂きます!

まず、おかげさまで今回も前々日・そして当日の午後にキャンセルのご連絡を頂きました。

今回はマネージャー枠の方でなかったので困惑しました。

ただ理由がケガと病気だったので、それはしょうがないと思います。

当日の方に関しては、できればもう少し早くご連絡頂きたかったのですが、ご本人もきっと出席されたいお気持ちはあったと思いますし、また何かのイベントでお会いできることを楽しみにしております。

そして当日、しかも数時間前にキャンセルが出た場合の対処法ですが、まず今回キャンセル待ちの方々がいたのですぐに連絡したのですが、全員から「もう予定入れちゃいました」と返信がありました。

その後できればしたくなかったのですが、友人にも連絡しました。
しかし、休みの日の今日の今日、しかも数時間後では…そりゃ無理ですよね。

次に、今回受付などのスタッフとして参加する予定だった社員に参加させようかとも思ったのですが、それ普通にサクラになるなと気付きやめました。

定員に達した際、前回も当日キャンセルの方がいらっしゃったので、定員より多めに募集かけておけば?とも言われましたが、当日キャンセルが出ない可能性もありましたし、個人的には皆様にフットサルを1秒でも多くプレーして頂きたいので、皆様のプレー時間確保を優先しました。

ですので、これに関しては宿題とし、次回また開催することがありましたら改善案を用意するように致します。

また、送迎をご希望された方々と会場に車で向かう途中の会話の中で、あるご質問・ご提案をされました。

よくよく考えれば確かにそうだなーということで、その日の内に色々と調べてみましたが、それらを解決している話は見当たりませんでした。

なぜ見当たらないのか?

せっかく貴重なご意見を頂きましたので、「ということは需要がないんだな」などと簡単に片付けず、次回また開催することがありましたら、検証し実行できるよう考えていきます。

「ガチで対戦しませんか?」

そしてイベント時間に。

元々「遅刻してしまいます」というご連絡を頂いていた方がいたのですが、ほぼ時間通りに全員が集まって頂けました。

また、今回は前回写真を撮らなかった反省も踏まえ、弊社社員・先輩を含む男性スタッフ3名及び女性スタッフ1名を引き連れていきました。

今回もゴレイロをやりたい人はいないだろうなーということで、常時スタッフがゴレイロをし、皆様にはフィールドに集中して頂きました。

私は…ストレッチ体操の先生も先輩に任せ、フットサル合コンの風景を眺めたり、トークに混ぜてもらっていました(笑)

t02200220_0480048012845439529

ただ、イベント途中に男性陣から
「スタッフと一回男子だけでガチで戦ってみたい」「ガチのプレーで女性陣にアピールしたい」とご要望を頂き、私を含めスタッフもフィールドとしてフットサルをさせて頂きました。

これまで何度か当ブログにも登場した元PK外し職人の先輩が、自陣から超ロングループシュートを2本立て続けに決め、相手チームから「こういう時は勝たせるんじゃないんですか?(笑)」とご指摘頂きましたが、あの人そういう人なんです(笑)
本当に申し訳ありませんでした。

ただ自分自身、この日ボールが蹴れるとは思っていなかったので、すごく嬉しかったですし、楽しかったです。

ありがとうございました!

それぞれのPRタイムの格好良さ

そして、イベント終盤に行った男性陣の希望者による最後のアピールタイムでは、今回全員がアタックチャンスを使いました。

私など、結構照れくさいと思ってしまうと思うのですが、皆様の「もちろんやります」に驚きました。

そして、誠実にアピールした方・笑いを取った方・完全にお一人に向けて喋っているのがバレバレの方、それぞれが個性のあるアピールで、本当は最後の列に私も並んで、どさくさに紛れてアピールしようかと思っていたのですが、そんなことを忘れるくらい皆様格好良かったです!

そして、男性陣・女性陣共に異性はもちろん、初対面の同性とも盛り上がっていて、運営側としてはとても有り難かったです。

私が「ゲームの順番ですよ~」と声をかけて、「今トークで盛り上がってるので」と言われたのは初めてでした(笑)

また、それ以外でも色々とお話をさせて頂き、貴重なお時間を過ごすことができました。

私自身に対するご質問なども多く頂きました。

正直、そういった需要というか疑問があるとは思っていませんでしたが、多少なりともフットビジョンの中の人間に興味を抱いてくれている方もいるんだと知れました。

当ブログに関しても、「試合結果とかよりも私的ブログをもっと書いてほしい」なんて声も頂きました。

いちよフットサルブログとして書いていますので、最低限フットサルに関連したことしか書かない予定ですが、有り難いご意見として受け止め、今後の参考にさせて頂きます。

フットサル合コンを終えて

そして最終的なマッチングですが、今回のマッチング率は60%でした(参加者数の少ない女性参加者数を元に計算)。

ただ、別でも書かせて頂きますが、一般的にこのマッチング率はあまり当てにしない方が良いと思います。

フットビジョンは普通に計算した数値ですし(※しかも上位希望でマッチングされた方とのみの連絡先交換)、私自体は実際知りませんが、他のサルコンに参加された方の話を聞くと、100%を謳う方法もあるようです。

それが、上述した別のフットサル合コンに参加されたことがあるという方からのご質問内容にも通じます。

ですので、マッチング率はあくまで参考程度に受け止められた方が良いかと。

また、現時点でFutVisionとして名前を出さずに運営などに携わらせて頂いているフットサル合コンはありません。
助言やタイムスケジュールなどを提供したことはありますし、私が寄稿した記事を無断で使われている会社さんがあることは私も認識していますが、それらはただ無断使用してるだけであり、その他サルコンはFutVisionとは一切関係ありませんので、宜しくお願い致します。

とにかく、マッチングした方々にも、残念ながらマッチングされなかった方々にも、「普通にフットサルも面白かった」などと言ってもらえました。

ご参加頂いた方々にとってはマッチングすることが一番重要かと思いますが、やはり個人的には「フットサル面白かった」と言ってもらえることが一番嬉しいです。

そして、こういった場で書くことではないかと思いますが、スタッフも頑張ってくれました。

「普通に決められただけじゃねぇ?」という噂もありますが、女性のシュートを全て止めずに決めさせる優しさを見せたY氏。
色んな方に気を配って声をかけてくれたM氏。
普段社内では見せたことのないような笑顔を振りまき、マッチングシートにも名前を書かれ上機嫌だったM嬢。

そして、参加者の方々とのゲームではゴールなどを決めまくり、ゴレイロでは女性のシュートを普通に止め、前日の飲み会では店に人の携帯充電器を置き忘れてくれた先輩であるK氏。

本当におつかれさまでした!

そしてご参加頂いた方々、本当にありがとうございました!

フットサル合コンの予定は当分ありませんが、後述する他のイベントなどでも、またお会いできればと思います!

次回イベントに関して

最後になりますが、これまで「クリスマスに間に合って」「バレンタインに間に合って」と続けてきて、しばらく間に合わせる大きなイベントはないと思うので、突如日本に新たなカップルイベントができない限り、フットサル合コンの予定はしばらくありません。

やればやるだけ改善案が出てくるので、またすぐにやりたい気持ちもありますが、しばらくフットサル合コンはお休み致します。

その他イベント予定に関しては【こちら】のFacebookページでご確認・お申込をお願い致します。

——————————-
■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル用品オンラインショップ「フットサル・サッカー用品販売FutVision

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です