第19回全日本フットサル選手権(PUMA CUP)


※こちらの記事は以前のブログより移転した記事になります

第19回全日本フットサル選手権 組み合わせ決定

サッカーで言うところの天皇杯にあたり、1996年より毎年開催されている「全日本フットサル選手権」(2005年からスポンサーになっていることもあり、「PUMA CUP」とも呼ばれる)が今年も開催されます。

2014年2月10日、そんな第19回全日本フットサル選手権(PUMA CUP)1次ラウンドの組み合わせが決定しました。

【1次ラウンド概要・日程】
■日程
2014年3月7日(金)~3月9日(日)

■1次ラウンド概要
各地域の予選を勝ち抜いた14クラブに、Fリーグクラブ(10チーム)を加えた合計24チームが出場し、国立代々木競技場第一体育館での決勝トーナメント進出をかけ、全国4会場(宮城県(古川総合体育館)・静岡県(エコバアリーナ)・愛知県(テバオーシャンアリーナ)・大阪府(舞洲アリーナ))にて1次ラウンドを開催します。
また、1次ラウンドの観戦は無料です。

1次ラウンドは、24チームを4チームずつ6グループに分けてリーグ戦を行い、グループ1位チーム(計6チーム)及びワイルドカードから2チームの計8チームが決勝トーナメントに進出します。
決勝トーナメントは、3月14日(金)~3月16日(日)に、東京の代々木第一体育館にて行われます。

1次ラウンド競技形式及びワイルドカード

順位は勝点合計の多いチームが上位となります。
勝点は勝ち3・引き分け1・負け0。
ただし、勝点合計が同じ場合は以下の順序により決定します。
(1)当該チーム間の対戦成績
(2)当該チーム間の得失点差
(3)当該チーム間の総得点数
(4)グループ内での総得失点差
(5)グループ内での総得点数
(6)警告、退場ポイントの少ないチーム
(7)抽選

【ワイルドカード】
各グループ2位のうち、決勝トーナメントへ進出するチームは以下の順序により決定されます。
(1)グループ内勝点合計
(2)グループ内得失点差
(3)グループ内総得点数
※ワイルドカードの組合せは勝ち上がったチームが属していた1次ラウンドのグループの組合せに応じて決定。

1次ラウンド グループ

■グループA
試合会場:大阪府
・デウソン神戸(Fリーグ)
・フウガすみだ(関東地域第1代表)
・湘南ベルマーレ(Fリーグ)
・プラセールフットサルクラブ(四国地域代表)

■グループB
試合会場:大阪府
・シュライカー大阪(Fリーグ)
・バルドラール浦安セグンド(関東地域第2代表)
・あがりゃんせフットサルクラブ(関西地域第2代表)
・広島エフ・ドゥ(中国地域代表)

■グループC
試合会場:愛知県
・バサジィ大分(Fリーグ)
・カティオーラ・アズナ(九州地域第2代表)
・府中アスレティックFC(Fリーグ)
・ビークス白山(北信越地域代表)

■グループD
試合会場:愛知県
・名古屋オーシャンズ(Fリーグ)
・ディヴェルティード旭川(北海道地域代表)
・ボルク北九州(九州地域第1代表)
・ロボガト(東海地域第1代表)

■グループE
試合会場:静岡県
・アグレミーナ浜松(Fリーグ)
・エスポラーダ北海道(Fリーグ)
・デリッツィア磐田(東海地域第2代表)
・カフリンガ東久留米(関東地域第3代表)

■グループF
試合会場:宮城県
・ヴォスクオーレ仙台(東北地域代表)
・バルドラール浦安(Fリーグ)
・ペスカドーラ町田(Fリーグ)
・SWHフットサルクラブ(関西地域第1代表)
——————————-
■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル用品オンラインショップ「フットサル・サッカー用品販売FutVision

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です