フットサルのルールに近いと言われるバブルサッカーに行ってきた


バブルサッカーに行ってきた

12月12日〜14日にかけて横浜国際プールにて行われたフットサルのFリーグ横浜セントラル。※横浜セントラルについては→【横浜セントラルに行ってきた

その試合会場近くのサブアリーナにて、近頃話題のバブルサッカーが行われましたのでお邪魔してきました!

横浜国際プール

まず、受付の方々がとても感じの良い方々で、撮影スペースなどもすぐに教えて頂き、スリッパまで出していただいたので大変助かりました。

FutVisionのことも知って下さっていて、とても嬉しかったです!

ということで今回は、バブルサッカーとは?ルールレンタル料などを動画付きでご紹介します!

バブルサッカーとは

まず簡単に競技をご紹介します。

ご紹介と言っても、多くが伺って私も初めて知った内容や、Google先生に伺った内容ですが…

バブルサッカーとは

バブルサッカーとは、ノルウェーのバラエティー番組内で誕生した新しいスポーツで、技術のある無しに関わらず皆で楽しめるサッカーとしてヨーロッパを中心に広がっているスポーツです。

バブルサッカー ルール

現状世界でルールは統一されていないようで、各国・各施設が自由にそれぞれのルールで行っている状況らしいですが、世界的な平均を調べてみると、基本的にフットサルルールが適用されているようです。

バブルサッカー 風景

主なルールは4つ。

①1チーム5名でその内1名はバブルキーパー。

②スタートは3・2・1・ピーの笛の合図で全員が一斉にセンターサークル内のボールに向かって走ります。
※キックオフからのゴールは可

③ボールがラインから出ると、キックインでスタートです。
ファールをした時も、その場からキックインでリスタートとなります。
※キックインからの直接ゴールは認められない

④交代者はライズマンに声をかけ、主審の判断で交代します。

バブルサッカーの反則

反則も、各国・施設により様々でした(特に③は反則にしていない施設も多かったです)。

ですのでこちらも主な反則として3つご紹介しておきます。

①【オーバーボール】
→ボールの上にバブルを着たまま覆い被さり、他のプレイヤーがボールに触れない状態を作り出すこと。

②【ヘッドイン】
→バブルには空洞があり、人がスッポリ入れる作りになっています。
そのため頭の空洞部分にボールが入った場合は、他のプレイヤーがボールに触れなくなるため、試合が一旦中段されます。

③【バブルパンプ】
→ボールを持っていないプレイヤーに対して、故意にぶつかる行為のこと。

バブルボールとは友達になれそうにない

バブルボール

「ボールは友達恐くない」という名言がありましたが、このバブルボールとは友達になれる気がしませんでした。

何よりこのバブルボール、持ってみると意外に重く13kgもあるそうです。

13kgを分かりやすくお伝えすると、1kgの鉄アレイ13個分です(笑)

そして、筒の中に体を入れ、前面は下記取っ手を握り

バブルサッカー

背面はこちらを

バブルサッカー

装着した方の写真がこちら↓

バブルサッカー

バブルボール レンタル料

そんな上記バブルボールですが、個人の方でもレンタル可能なようです。

調べてみると、現状11個のバブルボール国内レンタル料は30,000円(税別)。それに往復送料として東京都内であれば38,880円=合計約70,000円でした。

これを例えば20人で割ると、お一人約3,500円です。

バブルサッカー動画

色々と書いてきましたが、動画を見て頂くのが一番分かりやすいだろうということで、まとめの前に動画をご紹介します。

2分という短い動画ですが、得点シーンなどもあります↓

バブルサッカーまとめ

それでは最後にバブルサッカーの個人的まとめです。

①重いバブルボールを担ぎながらのプレーは、見た目以上に良い運動になる

②男女平等どころか、サッカー・フットサルの経験値がなくてもいきなり楽しめる

③というより、サッカー・フットサルとはあまり関係ないように感じた。もちろんルールや足でボールを蹴るということで要素もあるのだが、時に相撲であり、時にトランポリンのようでもあり…結局様々な要素が絡んだ独自のスポーツと感じた。

何だろう?バブルサッカーって何なんだろう?

ということで、更なる答えを求めて・今度は自分自身も体験するべく、また改めてバブリに行きます!

皆様も、ぜひ一度バブってみてはいかがでしょうか?

——————————-
■LINE@
↓※下記ボタンクリックで友達に追加されます
※2015年9月15日、以前のアカウントから新しいアカウントに変わってしまいました。お手数ですが、再度友達追加をお願いします
友だち追加

■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル用品オンラインショップ「フットサル・サッカー用品販売FutVision

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です