Fリーグに5シーズンぶりの新規参入チーム誕生


※こちらの記事は以前のブログより移転した記事になります

Fリーグ新規参入チームが決定

フットサルのFリーグは、本日2013年11月6日(水)17時から、JFAハウスにて2013~2014シーズンから新たに加わる新規参入クラブを発表しました。

発表されたチームは大方の予想通り、準会員リーグに所属する2チームでした。

【新規参入チーム】
■フウガすみだ(関東フットサルリーグ所属)→2014年4月にチーム名を「フウガドールすみだ」に変更
ホームタウン→東京・墨田区

■ヴォスクオーレ仙台(東北フットサルリーグ所属)
ホームタウン→宮城県・仙台市

上記2クラブが新たに参入となり、来シーズンのFリーグは12チームで開催されることになりました。

「フウガすみだ」に関しては、すでにFリーグには東京のクラブが2クラブ存在しているため、参入に否定的な意見もありましたが、2009年にサッカーで言うところの天皇杯のような大会(全日本フットサル選手権)で、地域リーグのチームでありながら勝ち上がり、決勝では絶対王者名古屋オーシャンズを撃破し見事優勝した実績もあり、フットサルファンの中では以前から参入から待ち望まれていました。

また、「ヴォスクオーレ仙台」も、以前Fリーグに参戦していた「ステラミーゴいわて花巻」が、2011-2012シーズンを最後に、経営の問題などでリーグを退会となったため、Fリーグにとっては3シーズンぶりの東北クラブ誕生となります。
Jリーグのベガルダ仙台とも共闘態勢を表明しており、元ベガルダ仙台の選手も所属しています。

最後に

将来的には16クラブを目指しているFリーグ。
まずは2009年に参入した府中アスレティックFC、エスポラーダ北海道に続き、久しぶりの新規参入クラブ誕生となりました。

12チームになったことでシーズン概要などどうなるのか?という疑問も多々ありますが、まずは2009年の「府中アスレティックFC」「エスポラーダ北海道」に続き、久しぶりの新規参入クラブ誕生のニュースは、フットサルファンにとって嬉しいニュースだったのではないかと思います。
——————————-
■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル用品オンラインショップ「フットサル・サッカー用品販売FutVision

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です