Fリーグ2013開幕 概要


※こちらの記事は以前のブログより移転した記事になります

流行語

毎年仲間内でその年のテーマと、合言葉というか流行語が生まれます。

今年も半分が終わろうとしていますが、このままいくと2013年の流行語は「行っちゃう?」になりそうです。

この言葉を言われると、どんな状況でも自然に「行っちゃう!」と返してしまう魔法の言葉です。

ということで、いよいよ今週フットサルのトップリーグであるFリーグ2013~2014シーズンが開幕します。

6月15日(土)に開幕戦となる第1節、翌16日(日)に第2節が、共に東京の代々木第一体育館にて行われます。

t02200165_0800060012573238199
【会場となる代々木第一体育館】

以前Twitterの方ではツイートしていますが、改めて対戦カード・タイムスケジュールを。

第1節(開幕戦) 6月15日(土) タイムスケジュール

対戦スケジュール ※()内は昨シーズン順位
9時45分~ シュライカー大阪(2位) vs バサジィ大分(7位)
11時45分~ エスポラーダ北海道(6位) vs ペスカドーラ町田(8位)
15時~ 府中アスレティックFC(3位) vs バルドラール浦安(4位)
17時~ 名古屋オーシャンズ(1位) vs アグレミーナ浜松(10位)
19時~ 湘南ベルマーレ(9位) vs デウソン神戸(5位)
※会場:代々木第一体育館(東京)

第2節 6月16日(日) タイムスケジュール

対戦スケジュール ※()内は昨シーズン順位

9時45分~ バサジィ大分(7位) vs ペスカドーラ町田(8位)
11時45分~ バルドラール浦安(4位) vs エスポラーダ北海道(6位)
15時~ デウソン神戸(5位) vs 名古屋オーシャンズ(1位)
17時~ シュライカー大阪(2位) vs 湘南ベルマーレ(9位)
19時~ アグレミーナ浜松(10位) vs 府中アスレティクFC(3位)
※会場:代々木第一体育館(東京)

上記二日は全チームが一会場に集まり試合をする「セントラル開催」として行われます。
そのため、一枚のチケットでその日行われる全試合が観戦可能です。

しかも、5試合全てを観戦するのは大変だと思いますが、代々木セントラルは何度でも再入場することが出来ます。

また、会場となる代々木第一体育館はJR山手線「原宿」駅から徒歩5分とアクセスも抜群です。

チケット入手方法

チケットは6月12日現在、まだ販売しております。
・プレミアムシート(2名分・駐車券・弁当付)
前売り:10,000円
・ゾーン指定席
前売り:2,500円 当日:3,500円
・自由席(一般)
前売り:1,500円 当日:2,000円
・自由席(小中学生)
前売/当日共通:500円

インターネット販売
第一節
第ニ節

チケットぴあ(コンビニ・店頭)
6/15(第1節)[Pコード:823-948]  6/16(第2節)[Pコード:823-950]
Lコード(ローソン)
6/15(第1節)[Lコード:39243]  6/16(第2節)[Lコード:39243]※両日共通

7シーズン目となるFリーグ

今シーズンより、試合数は3回戦総当たりの計27節(135試合)から4回戦総当たりの計36節(180試合)に増え、セントラル開催も計12節に増えます。
また、今シーズンからプレーオフに進出できるチーム数が上位3チームから上位4チームに増え、前期・後期の二期制(前期6月~10月 後期11月~2月)も導入されます。
そして、今シーズンもセントラル開催が増え、試合数が増加するので、普通に考えれば観客動員数は増えることになると思います。

ただ、個人的にはFリーグの課題は、名古屋一強と呼ばれていることや、観客数だけだとは思っていません。

まー、その辺りのことは別の機会で。

現場でしか見えないことがある

とにかく、新たな試みに挑戦し迎える7シーズン目。

フットサルに限らず、現場でしか見えないこともあります。

先日F1関係に関わりのある、ある会社の代表の方と食事をした時、サーキットを華やかにするレースクイーンの話が出ました。

翌日、ウチにもレースクイーンに負けないセクシーショットがあるだろう!と画像フォルダを探したら…









ちゃんとありました!

t02200147_0800053312573235948

Fリーグでも、こんな筋肉美のセクシーショットが見れます!

もちろんプレーが一番ですし、会場に来られないという方々のために、今シーズンも試合結果はこちらのTwitterで速報は続ける予定ですが、そんなセクシーショットが見たい方は…

「代々木、行っちゃう?」

——————————-
■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル用品オンラインショップ「フットサル・サッカー用品販売FutVision

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です