第32節 Fリーグ2013試合結果速報・順位表・観客数等


※こちらの記事は以前のブログより移転した記事になります

名古屋1位でのプレーオフ進出が確定・大阪ドゥダ監督今シーズン限り

バサジィ大分は、勝利及び他のチームの結果によっては名古屋オーシャンズに続きプレーオフ進出確定でしたが、今節を終えての新たなプレーオフ進出確定チームはありませんでした。

ただ、残り4試合となった現時点で名古屋が勝点を37に伸ばし、大分も34に伸ばしたのに対し、浦安は敗れたため、上述した2チームが残り全ての試合に敗れたとしても、現状5位の浦安(勝点19)が勝点で大分と名古屋を上回る可能性がなくなったため(浦安が残り4試合全勝しても勝点は31)、名古屋の後期4位以内が確定し、前後期の順位に伴う獲得ポイントが最低でも17になり、名古屋の1位でのプレーオフ進出は確定しました。

※参考例
■現在2位の大分が後期1位になっても前後期の順位に伴う獲得ポイントは16
■現在3位の町田が後期1位になっても前後期の順位に伴う獲得ポイントは14
■現在4位の神戸が後期1位になっても前後期の順位に伴う獲得ポイントは12

※詳細は後述する【プレーオフ進出ポイント】や【前後期獲得ポイント・概要】などをご確認下さい。

また、シュライカー大阪は、ドゥダ監督と来期の契約を更新しないことを公式に発表しました。

フットサルのFリーグ 第32節試合結果及び入場者数

・シュライカー大阪 1-3(前半1-2)ペスカドーラ町田 (1,310人)

・アグレミーナ浜松2-4(前半2-3)バサジィ大分 (2,824人)

・名古屋オーシャンズ5-2(前半2-0)府中アスレティックFC (1,412人)

・デウソン神戸1-0(前半0-0)バルドラール浦安 (1,454人)

・湘南ベルマーレ2-3(前半2-2)エスポラーダ北海道 (928人)

フットサルのFリーグ 第32節(後期第14節)を終えての順位表及び勝点(前期18節・後期18節)

1位 名古屋(37)→
2位 大分(34)→
3位 町田(26)→
4位 神戸(26)→
5位 浦安(19)→
6位 府中(18)→
7位 湘南(15)→
8位 北海道(14)→
9位 大阪(9)→
10位 浜松(3)→

フットサルのFリーグ 第32節(後期第14節)終了時点のプレーオフ進出ポイント

※上位4チームがプレーオフに進出
※前期獲得ポイント+後期第32節現在の順位から算出しています
※プレーオフは2月20日(木)~3月2日に、1stラウンド・2stラウンド・ファイナルラウンドの順で行われる予定です。

1位 名古屋(20) ※1位でのプレーオフ進出確定
2位 大分(15)
3位 浦安(14)
4位 町田(12)
——————-
5位 湘南(11)
6位 大阪(11)
7位 府中(10)
8位 神戸(9)
9位 北海道(6)
10位 浜松(2)

ゴールランキング

[第32節を終えての得点ランキング]

1位 森岡 薫(名古屋)33得点
2位 ボラ(湘南)30得点
3位 ヴィニシウス(大阪)25得点
4位 シンビーニャ(名古屋)20得点
5位 北原 亘(名古屋)・金山 友紀(町田)18得点
——————————-
■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル用品オンラインショップ「フットサル・サッカー用品販売FutVision

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です