Fリーグへの批判・問題点をご連絡頂いて


FutVision宛てに頂いたFリーグへの批判に関して

「夏は仕事をしない男」というイメージを覆したい気持ちは全くないのですが、どうしても8月中に行きたい場所があるので、最近色々と遅くなってしまい申し訳ありません。

海

以前さすらいフットサラーこと大和さんにも聞いてみたら、大和さんも「たまにあります」とおっしゃっていましたが、Fリーグに関するご批判をFutVision宛てに頂くことがあります。

だいたい同じ方からなのですが、時に長文でごもっともなご指摘が羅列され、Fリーグを想ったご意見だと感じます。

これまで何度か書かせて頂いていますが、FutVisionはFリーグの運営には一切携わっていないので返答に困ることもありますが、頂いたご質問には必ず回答させて頂いています。

ちょっと前で言えば【オーシャンカップ】について頂きました。

ざっくり言うと【こちら】と【こちら】の記事で2回に分けて書かれていますが、今シーズンのオーシャンカップは、冠スポンサーだったテバ製薬がスポンサーを降り、カップ戦存続の危機に直面したと。

それでも何とか開催した公式カップに、主力選手を含む選手達が出場せず、公式ではないMIFA CUPに出場したことに対する観戦に訪れたファンへの侮辱・そのことを許し罰則がないことに関してでした。

「Jリーグであればありえないことだ」とも書かれていました。

そして、最近はあることについて二度ご連絡頂きました。

ご本人にもご了承頂きましたので、返答が遅くなってしまいましたが、今回は当記事の中で回答させて頂こうと思います。

Fリーグの観客数について

それは「Fリーグの観客数が伸びていないことがFリーグの一番の問題」というご指摘でした。

まず、Fリーグの観客数は伸びていないどころか、減少していると思います。

ご記載頂いた数値は「総入場者数」を元に計算されているのではないかと思いますが、近年試合数の増加などの数字のトリックによって見えづらくなっていますが、1試合あたりの観客数は減少を続けています。
※2013-2014シーズンは前年度より約20%減少

今シーズンも10チームから12チームにチーム数が増え、1節あたりの試合数は増加していますが、1試合あたりの観客数は開幕戦から減少しています。
※開幕戦の前年度入場者数比較などは【こちら】の記事にて

次に、「観客数が伸びていないことが一番の問題」という点に関してですが、私は【数字は嘘をつかない】と思っています。

仕事をしている上でも、その考えはとても重要視しています。

しかし、Fリーグにとってそれが一番の問題だとは思っていません。

FutVisionとしてFリーグのことを発信し始めてから、毎試合観客数を発信してきましたが、それは観客数という数字は様々な面で重要なデータの一つだと思っているからに過ぎません。

また、「観客数が増えない=入場料収入が増えないからリーグが成り立たなくなる」という点に関しても、疑問を抱きます。

以前【久しぶりにJリーグを観て感じたFリーグとの2つの違い】でも書かせて頂きましたが、例え満員になったとしても1,500人程度の会場もあります。

そして、Fリーグの観戦にお金を払っている方はどのくらいいるのでしょうか?

そういったデータは公開されていないので、ここから先は推測も入りますが、以前FutVisionが独自に行ったFリーグ観戦に関するアンケート結果での上位は
・Jリーグの後援会特典
・招待券
・チケットを貰ったから
などが、ほとんどを占めていました。

そういった事実を考えると、Fリーグの場合は現状のやり方で観客数増加=必ずしも入場料増加にはならない気がします。

最後に

簡単ではありますが、以上を頂いたご連絡に対する回答とさせて頂きます。

ただ、一番ではないにしても、文面にあったように観客数を増やす必要は私もあると思います。

ただ、そのための議論をする上で避けて通れないことがあると思っており、それこそが私が考える本質的な一番の問題にも繋がります。

その辺のことは圧力がかかっているわけではありませんが、いつか改めてとさせて頂ければと。

以上、今後とも宜しくお願い致します。



——————————-
■LINE@
↓※下記ボタンクリックで友達に追加されます
※2015年9月15日、以前のアカウントから新しいアカウントに変わってしまいました。お手数ですが、再度友達追加をお願いします
友だち追加

■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です