Fリーグ プレーオフの価値


※こちらの記事は以前のブログより移転した記事になります

Fリーグ初のプレーオフを終えて

先々週、フットサルのトップリーグであるFリーグは2012-2013シーズンが終了し、先週末はそのリーグ戦で2位(シュライカー大阪)と3位(府中アスレティックFC)のチームが、1位チーム(名古屋オーシャンズ)と戦うファイナルラウンド進出をかけ2勝先勝によるプレーオフを行いました。

Fリーグでは今シーズンより初めて導入されたプレーオフ。

結果は2位チームが進出を決めましたが、最終戦までもつれ、上記チーム以外のファンの方々も注目した試合になったのではないかと思います。

だだ観客数に関しては、今シーズンのリーグ戦でも見なかったような少ない数字でした。

第1戦 2月1日(金)19時~ 345人
第2戦 2月2日(土)14時~ 460人
第3戦 2月3日(日)14時~ 450人
(ちなみに、今シーズンのリーグ戦1試合平均観客数は1,713人)

そのことをTwitterの方でつぶやくと、RTや引用返信などで反響を頂きました。

その多くの声が、試合会場が2位大阪・3位府中どちらのホームでもなく名古屋(フットサル専用アリーナ)だったことに関することでした。

まず、あくまで個人的予測ですが、試合会場が名古屋になってしまったことは運営側としてはある程度想定していたことだったと思います。

今シーズン初めてプレーオフが導入されることになり、その開催概要が発表された時
「原則として2位チームのホームで開催」という文言を使っていました。

そして会場は例外となる名古屋になったのではないかと。
(大阪が2位でのプレーオフ進出を決めたのは1月の中旬)

そして、ここでようやく今回当エントリーを書こうと思った本題に。

それは、観客数が少なかった=やる意味があったのか?というご意見に関してです。

やったことに価値がある

私は全くそう思いません。

プレーオフを導入したことは本当に良かったと思っています。

リーグ最終節まで盛り上がったからなどの以前に、(1位チームが決まったのは残り6節を残した21節・最後の一枠となった3位府中は最終節で決定)単純にFリーグが新しいことをやったからです。

「やったってことだけで?」と思われる方もいるでしょう。

まず、【フットサルのすすめ】の中でも書いていますが、私はFリーグの関係者でも、Fリーグから頼まれてこのエントリーを書いてる訳でもありません。

むしろFリーグ側には疑問がいっぱいです。

その疑問をぶつけるために対談を申し込んだこともあります。

ですが、だからこそFリーグが新しいことをやったということだけで価値があると思います。

試合会場の件はもちろん、試合日程も、平日の夜・そして土日の昼間に行い数字として結果が出ました。

それらは今回どういった形であれプレーオフを行なったから分かったことであり、後はそれを今後に活かしていけば良いと思います。

あとはPDCA

事前にそれをリサーチ出来れば良かったかもしれませんが、私もよく会社で
「やらない理由を探すより、出来る方法を考えよう」
「まずはやってみる精神」などとよく言います。

そして、「実行」したら「検証」「改善」ですよね。

ビジネスの世界では当たり前のPDCAサイクル。

Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Act(改善)

ぜひ今回のことを今後に活かしてほしいと思います。

そして、一番言いたかったことは、確かに少ない観客数でしたが、わざわざ名古屋に駆けつけた大阪・府中のファンの方々もたくさんいたと思います。

本当におつかれさまでした。

来シーズン以降も会場の問題はあると思いますが、こういったファンの方々が増え、いつか「どこでやっても満席だな~」そんな日が来れば良いなと思う今日この頃です。

そして、まだファイナルラウンドが今週あります!
——————————-
■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル用品オンラインショップ「フットサル・サッカー用品販売FutVision

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です