フットサル日本代表監督が語ったフットサル界の課題・今後の展望など


フットサル日本代表監督出演番組が地上波で

※6月2日 再放送日程追記

2014年にBSで放送されたフットサル日本代表ミゲル・ロドリゴ監督出演のテレビ番組地上波で放送されるそうです。

■放送日時:2015年5月4日(月)8時15分〜9時50分
■放送局:NHK総合
■番組名:奇跡のレッスン〜世界の最強コーチと子どもたち

■再放送日時:6月13日(土)14時〜
■放送局:BS1

フットサル テレビ番組

また、フットサルW杯直前だった2012年10月27日(土)、テレビ東京の『FOOT×BRAIN』という番組に、フットサル日本代表のミゲル・ロドリゴ監督が出演しました。

あれから2年半。

今更ながら、フットサルとサッカーの違いなどについても分かりやすい数値などで説明されていましたので、フットサル界の現状・今後に向けて、簡単にご紹介させて頂きます。

フットサル日本代表監督が2012年に語ったこと

■まず、Fリーグ最高執行責任者補佐である北澤 豪(1989年に行われた第1回フットサルW杯フットサル日本代表※1989年は全員サッカー選手)氏を紹介

Q,どういう仕事なんですか?
A,『まー、どうフットサルを盛り上げていけるかということですね』

Q,サッカーからフットサルに移行した時に違いみたいなものは実感しましたか?
A,『競技的にというか、ボールの持ち方や戦術の違いを大会に出て初めて感じました。大会で首を振っているだけという現実もあったと思います』

■続いてミゲル・ロドリゴ監督紹介
→母国スペイン・イタリアなどでフットサル指導者として活躍。
2009年日本代表監督に就任。
2012年5月アジアフットサル選手権優勝に導く。

ミゲル・ロドリゴ監督

■フットサルの競技人口紹介
→当サイトでは【フットサルはゴルフ市場を食う】などで紹介

■フットサルW杯紹介
→当サイトでは【W杯歴代優勝国・過去大会日本戦績】などで紹介

■ミゲル・ロドリゴ監督の発言

『ブラジルもスペインも12歳ぐらいまでフットサルを学んでサッカーを始めます。ネイマールも15歳ぐらいまでフットサルをやっていて、イニエスタもフットサルをやっていて注目され、サッカーにスカウトされたと聞いています。これは偶然じゃない』

→当サイトでも【ネイマールが語ったフットサルの魅力】【フットサルがサッカーにも役立つ7つの理由】などで紹介

フットサルはボールに触る回数がサッカーの6倍

■その後三浦知良選手、選出の話に。

『サッカーと比べるとフットサルはボールを触る回数が6倍というデータがあります。プレーのスピードに合わせ、頭の回転を速くすることに慣れなければいけない。カズはブラジルでフットサル経験があるから即戦力になるんです』

■Fリーグ紹介
→当サイトでは【Fリーグとは】などでご紹介

■フットサルのルール説明
→当サイトでは【フットサルとは】でご紹介

■最後に視聴者からの質問にミゲル監督が回答。

①Q,FリーグとJリーグの今後の関係は?
『40年前スペインのフットサルリーグが出来た頃、サッカー選手がフットサルリーグに流れていきました。そこからフットサル人気がでました。Jリーグとフットサルは違うリーグですが、お互いにもっと親密になるべきだと考えます』=Jクラブがフットサル部門を持つなど

②Q,Jリーグのセカンドキャリアにも?
『まず皆が距離を縮めることが重要』

③Q,日本にフットサルが根付くためには何が必要?
『スペインではバスケットボールやバレーボールと同じように体育の授業で行われています。日本でも授業に取り入れてもらえるよう働きかけています』
※テレビ東京 FOOT BRAINより

→当サイトでは【フットサル使用で体育館を借りる方法】でご紹介

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

——————————-
■LINE@
↓※下記ボタンクリックで友達に追加されます
※以前のアカウントから新しいアカウントに変わってしまいました。お手数ですが、再度友達追加をお願いします
友だち追加

■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル用品オンラインショップ「フットサル・サッカー用品販売FutVision

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です