2015年上半期に読んだフットサル関連記事・動画まとめ


2015年に読んだフットサル関連記事ご紹介

6月下旬にUPするはずが、今は11月下旬…

上半期どころか下半期も終わりそうですが、文章は特に変えず、そのまま公開させて頂きます。

2015年上半期に読んだフットサル関連記事3本・フットサル関連動画2本です。

※昨年の類似記事は→2014年に読んだフットサル関連・フットサルにも通ずる6記事

フットサル動画2015

フットサル関連記事 2015年1月〜6月

今回ご紹介する①②の記事は『Fリーグはプロリーグではない』『Fリーガーもほとんどプロ選手じゃない』というご意見は一旦置いて、プロだろうがアマチュアだろうが、有料だろうが無料だろうが、部分部分共通すること・目指すべきところなのではないかと。

今回も記事のリンクと、記事の中で特に印象に残った部分を。

①5月の記事→【闘莉王の激怒にサポーターから笑う声…淡々と試合するJリーグに指摘

Jリーガーたちは今、子どもの頃の夢を実現している。大好きなサッカーをお客さんに披露して、お金をもらう。場代を払ってフットサルに興じる私から見れば、雲の上の存在だ。それなのにJリーガーの多くはサッカーをする喜びを体現せず、そこに付随する責任も果たそうとしない。

サポーターは週末の大事な時間を、大事な人たちと過ごそうとスタジアムに足を運ぶ。そんな彼らが夢中になれないゲームをするのは、プロフェッショナルのやることではない。プロならファンが自然とのめり込んで、日頃の憂さを忘れさせるようなプレーを見せなければならないのだ――。

②5月の記事→【「タダ券は絶対に配らない」J2ファジアーノ岡山の流儀。

先日、先輩である東久留米総合高校OBの方々で設立したクラブの教え子(野村選手)と、中村憲剛に次ぐ久留高OBと言えばの小野大輔選手が直接対決ということで、バルドラール浦安vs湘南ベルマーレを数人で観戦に行ったのですが、観客数1,200人程にも関わらず、私達がいたサイドは立ち見でした。観に行ったメンバーと驚いていたのですが、ハーフタイムにその理由が分かりました。ハーフタイムになったというのにほとんどの方々が席を立たず、試合中よりも熱い眼差しでコートに出てきた可愛いチビッ子達の撮影を始めたのです。その子達を正面に観たい方々が集中していたのです。一緒に行ったメンバーの一人が「お遊戯会みたいだな」と言いましたが、メインがどちらか分からないほど、観客席は盛り上がっていました。

浦安市総合公園

と、少し話がそれましたが、上記記事はそんな観戦に関するファジアーノ岡山(プロクラブ)社長の考えが語られている記事です。

『無料なら観に行ってもいいよ』という人が一番多いのはわかっています。でも、うちは一切、無料招待券を配っていません。
「『金を払っていけよ』という文化を作りたい」

③5月の記事→【経営素人の元選手が、なぜJクラブを生み出せたのか?

常に自分のなかで「何が目標だったのか」をハッキリと認識しなければならない。そのために何が必要で、何が必要でないのか。何ができて、何ができないのか。そこをちゃんと整理して考える。そして実行するときは、割り切って行動するのみです。

フットサル関連動画2本

最後に動画を2本。
①1本目は前回ご紹介した動画にも登場したこの方です↓

②上半期に話題になったドローンを使った映像です↓色々と問題が指摘されていますが、個人的にドローンはスポーツ界にも大きな変革をもたらすと思っています。

『これが未来のフットサルだ!Pepsi Maxのドローンを使ったプロモーション動画が超未来的!』

——————————-
■LINE@
↓※下記ボタンクリックで友達に追加されます
※2015年9月15日、以前のアカウントから新しいアカウントに変わってしまいました。お手数ですが、再度友達追加をお願いします
友だち追加

■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル用品オンラインショップ「フットサル・サッカー用品販売FutVision

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です