フットサルコート設立資金融資面談(マネーの虎) ※動画あり


フットサルコートの設立資金融資に挑んだ男

今回は2004年に放送された「マネーの虎」で、当時27歳の男性が「日本サッカーをトップに立たせる為のフットサルコート設立資金5000万円欲しい!」と登場した過去動画をご紹介します。

虎達にかなり激怒されていますが、フットサルコート設立を考えている方は一度見ても損はないと思います。

質疑応答から事業計画など、早速詳細を。

フットサルコート設立資金融資面談(マネーの虎)

質疑応答

最下部に動画を貼り付けましたが、約20分間様々な質疑応答がなされます。

何個かを取り上げると

Q、あなたの目的はフットサルを振興することですか?フットサルから正式なサッカーに移行させることですか?

A、「両方です。ジーコも言っていました。フットサルは小学生の時にやらせると技術・判断力を伸ばすと。なぜならサッカーよりも狭いからです」

Q、あなたの現在は?

A、「今は、趣味ではなく有限会社として、園児6名・小学生40名を教えていて私はオーナーをしています。売上は月24万円です。今後200名集めたいと思っています」
「それ以外にフットサルの大会企画・運営を年間50本しています。それによって月70~80万円の収入があり、イベントの開催回数は日本トップだと思います。ただ、人のコートでやるのは限界を感じ融資をお願いに来ました。返済期間は1年1,000万円の5年で考えています」

【コート貸出予定収入計画】
営業時間10時〜24時(土日は9時〜24時)
平日1時間8,000円・土日祝1時間10,000円
=レンタル収入4,200,000円(月)
【スクール収入計画】
生徒数200人=1人6,000円=1,200,000円(月)

さて、この方は融資を受けれたのでしょうか?

答えは下記動画で↓

ちなみにこの方2016年現在もフットサルコートは設立せず、動画で話していた大磯のジュニアクラブで子供達に指導しているそうです。
——————————-
■LINE@
↓※下記ボタンクリックで友達に追加されます
※以前のアカウントから新しいアカウントに変わってしまいました。お手数ですが、再度友達追加をお願いします
友だち追加

■Twitter 「@Fut_vision

■Facebookページ 「FutVisionのFacebookページ

■フットサル選手初の電子書籍「フットサル 小野大輔の軌跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です